情報処理技術者試験-NAVI


初級システムアドミニストレータ H20年春 午前 【問72】 分類:情報化と経営

連関図法を説明したものはどれか。

事態の進展とともに核力な事象が想定される問題について、対応策を検討し望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。
収集した情報を相互の関連によってグルーブ化し、解決すべき問題点を明確にする方法である。
複雑な要因の絡み合う事象について、その事象間の因果関係を明らかにする方法である。
目的・目標を達成するための手段一方策を順次展開し。最適な手段・方策を追求していく方法である。


       


みんなの正解率:  56%  (123人のうち69人が正解)

分類:情報化と経営


初級システムアドミニストレータ H20年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:情報化と経営


みんなの正解率:  56%  (123人のうち69人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


初級システムアドミニストレータ H20年春の全キーワードをみる




H20年春 設問一覧
【問73】三つの製品 A、B、C を、2台の機械 M1、M2 で加工する。加工... 58%
【問74】1〜3 の手順に従って処理を行うものはどれか。... 61%
【問75】アクセシビリティを説明したものはどれか。... 60%
【問76】電子自治体において、G to Bに該当するものはどれか。... 50%
【問77】プログラムの著作物について、著作権法上適法である行為はどれか。... 45%
【問78】派遣契約に基づいて就労している派遣社員に対する派遣先企業の対応のうち... 52%
【問79】ボリュームライセンス契約を説明したものはどれか。... 69%
【問80】e文書法を説明したものはどれか。... 50%

 




初級システムアドミニストレータの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]