情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティスペシャリスト H24年秋 午前 【問23】

特許権に関する記述のうち、適切なものはどれか。

A 社が特許を出願するより前に独自に開発して販売した製品は、A 社の特許権の侵害にならない。
組込み機器におけるハードウェアは特許権で保護されるが、ソフトウェアは保護されない。
審査を受けて特許権を取得した後に、特許権が無効になることはない。
先行特許と同一の技術であっても、独自に開発した技術であれば特許権の侵害にならない。


       


みんなの正解率:  81%  (251人のうち203人が正解)

キーワード:特許権


情報セキュリティスペシャリスト H24年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:特許権
産業上利用することができる新規の発明を独占的・排他的に利用できる権利であり、所轄の官庁への出願及び審査に基づいて付与される権利。
キーワード:特許権


みんなの正解率:  81%  (251人のうち203人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


特許権
【H17年秋】 トレードシークレット (営業秘密) に関する記述のうち、適切なものは... 正解率:57%
【H14年秋】 不正競争防止法で保護されるものはどれか。... 正解率:60%
【H14年秋】 コンピュータデータの不正作出に関する条文を含む法規はどれか。... 正解率:57%
【H14年秋】 システムの企画業務の監査を実施するときの着眼点はどれか。... 正解率:59%
【H14年秋】 システム監査報告書の提出先として、“システム監査基準”に規定されてい... 正解率:70%
【H14年秋】 情報システムの監査証跡に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:60%


情報セキュリティスペシャリスト H24年秋の全キーワードをみる