情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H27年秋 午前 【問3】 分類:基礎理論

関数 f(x)は、引数も戻り値も実数型である。
この関数を使った、(1)〜(5)から成る手続を考える。
手続の実行を開始してから十分な回数を繰り返した後に、(3)で表示される y の値に変化がなくなった。
このとき成立する関係式はどれか。

(1)x ← a
(2)y ← f (x)
(3)y の値を表示する。
(4)x ← y
(5)(2)に戻る。


f (a) = y
f (y) = 0
f (y) = a
f (y) = y


       


みんなの正解率:  68%  (19人のうち13人が正解)

分類:テクノロジ系 > 基礎理論 > 基礎理論


基本情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:テクノロジ系 > 基礎理論 > 基礎理論


みんなの正解率:  68%  (19人のうち13人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


基本情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる




H27年秋 設問一覧
【問4】アナログ電圧をディジタル化した後に演算処理することの利点として、適切... 55%
【問5】ポインタを用いた線形リストの特徴のうち、適切なものはどれか。... 57%
【問6】配列A が図2の状態のとき、図1の流れ図を実行すると、配列B が図3... 36%
【問7】整列アルゴリズムの一つであるクイックソートの記述として、適切なものは... 41%
【問8】自然数 n に対して、次のとおり再帰的に定義される関数 f(n) を... 52%
【問9】50MIPSのプロセッサの平均命令実行時間は幾らか。... 76%
【問10】キャッシュメモリをもつメモリシステムにおいて、平均メモリアクセス時間... 79%
【問11】デバイスドライバの役割として、適切なものはどれか。... 73%
【問12】500バイトのセクタ8個を1ブロックとして、ブロック単位でファイルの... 70%
【問13】2層クライアントサーバシステムと比較した3層クライアントサーバシステ... 63%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]