情報処理技術者試験-NAVI


データベーススペシャリスト H22年春 午前 【問23】

コンピュータシステムにおいて、性能改善手法を適用した機能部分の全体に対する割合をR (0 < R < 1)、その部分の性能改善手法適用前に対する適用後の性能比をA とする。
このとき、システム全体の性能改善手法適用前に対する適用後の性能比を表す式はどれか。



       


みんなの正解率:  67%  (61人のうち41人が正解)

キーワード:コンピュータシステム 性能改善手法


データベーススペシャリスト H22年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:コンピュータシステム 性能改善手法


みんなの正解率:  67%  (61人のうち41人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

コンピュータシステム
【H19年春】 垂直機能分散システムの特徴のうち、適切なものはどれか。... 正解率:63%
【H15年春】 コンピュータシステムの高信頼化技術に関する記述として、適切なものはど... 正解率:47%
【H13年春】 コンピュータシステムの性能評価法の一つであるベンチマークの説明として... 正解率:38%
【H13年春】 平均故障間隔が x 時間、平均修理時間が y 時間のシステムがある。... 正解率:62%
【H13年春】 データマイニングに関する説明として、適切なものはどれか。... 正解率:60%
【H13年春】 リポジトリに関する記述として、適切なものはどれか。... 正解率:47%



データベーススペシャリスト H22年春の全キーワードをみる