情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティスペシャリスト H26年春 午前 【問22】

UML 2.0 において、オブジェクト間の相互作用を時間の経過に注目して記述するものはどれか。

アクティビティ図
コミュニケーション図
シーケンス図
ユースケース図


       


みんなの正解率:  74%  (109人のうち81人が正解)

キーワード:UML アクティビティ図 シーケンス図 ユースケース図


情報セキュリティスペシャリスト H26年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:UML
業務プロセスのモデリング表記法として用いられ、複数のモデル図法を体系化したもの。

シーケンス図
UML2.0 で定義している図のうち、動的な振る舞いを表現する図。
キーワード:UML アクティビティ図 シーケンス図 ユースケース図


みんなの正解率:  74%  (109人のうち81人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


UML
【H18年秋】 UML で用いる図のうち、オブジェクト間で送受信するメッセージによる... 正解率:58%
【H18年秋】 インターネットを利用した企業間取引において、取引データをそのまま起票... 正解率:66%
【H16年秋】 サーバでの実行を前提とし、基幹業務を意識したオブジェクト指向開発によ... 正解率:51%
【H16年秋】 システム開発工数の外部設計局面で行う作業はどれか。... 正解率:62%

シーケンス図
【H18年秋】 UML で用いる図のうち、オブジェクト間で送受信するメッセージによる... 正解率:58%

ユースケース図
【H18年秋】 UML で用いる図のうち、オブジェクト間で送受信するメッセージによる... 正解率:58%

アクティビティ図

情報セキュリティスペシャリスト H26年春の全キーワードをみる