情報処理技術者試験-NAVI


ネットワークスペシャリスト H24年秋 午前 【問23】 分類:システム構成要素

マルチプロセッサによる並列処理で得られる高速化率(単一プロセッサのときと比べた倍率)E を、次の式によって評価する。
r = 0.9のアプリケーションの高速化率がr = 0.3のものの3倍となるのは、プロセッサが何台のときか。



ここで、
n :プロセッサの台数(1≦n)
r :対象とする処理のうち、並列化が可能な部分の割合(0≦r≦1)
とし、並列化に伴うオーバヘッドは考慮しないものとする。

3
4
5
6


       


みんなの正解率:  66%  (108人のうち71人が正解)

分類:テクノロジ系 > コンピュータシステム > システム構成要素
キーワード:マルチプロセッサ


ネットワークスペシャリスト H24年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:テクノロジ系 > コンピュータシステム > システム構成要素
キーワード:マルチプロセッサ


みんなの正解率:  66%  (108人のうち71人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


マルチプロセッサ
【H14年秋】 複数プロセッサを使用したシステム構成に関する記述のうち、適切なものは... 正解率:74%
【H14年秋】 1台のプリンタを複数台のパソコンで共有するネットワークシステムがある... 正解率:52%
【H14年秋】 コンピュータの性能を表す指標の一つであるMIPS値に関する記述のうち... 正解率:44%
【H14年秋】 システムの信頼性評価指標に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:54%
【H14年秋】 データマイニングの説明として、適切なものはどれか。... 正解率:91%
【H14年秋】 DBMS を障害発生後に再立上げするとき、前進復帰 (ロールフォワー... 正解率:48%


ネットワークスペシャリスト H24年秋の全キーワードをみる