情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティスペシャリスト H22年春 午前 【問24】

情報システムの設計において、フェールソフトが講じられているのはどれか。

UPS 装置を設置することで、停電時に手順どおりにシステムを停止できるようにし、データを保全する。
制御プログラムの障害時に、システムの暴走を避け、安全に運転を停止できるようにする。
ハードウェアの障害時に、パフォーマンスは低下するが、構成を縮小して運転を続けられるようにする。
利用者の誤操作や誤入力を未然に防ぐことで、システムの誤操作を防止できるようにする。


       


みんなの正解率:  78%  (885人のうち694人が正解)

キーワード:UPS フェールソフト


情報セキュリティスペシャリスト H22年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:フェールソフト
クラスタ構成のシステムにおいて、あるサーバが動作しなくなった場合でも、他のサーバでアプリケーションを引き継いで機能を提供する。
キーワード:UPS フェールソフト


みんなの正解率:  78%  (885人のうち694人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


フェールソフト
【H25年秋】 安全性と信頼性について、次の方針でプログラム設計を行う場合、その方針... 正解率:76%
【H23年春】 操作に不慣れな人も利用するシステムでは、間違ったデータが入力されるこ... 正解率:81%

UPS

情報セキュリティスペシャリスト H22年春の全キーワードをみる