情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティスペシャリスト H21年春 午前 【問23】

データベースサーバのハードディスクに障害が発生した場合でもサービスを続行できるようにするための方策として、最も適切なものはどれか。

共通データベースの格納場所を複数のハードディスクに分散させる。
サーバのディスクを二重化し、通常稼動時は同時に二つのディスクに書き込む。
サーバの予備機能を設置し、OS とアプリケーションソフトを本番機と同じ構成にして待機させておく。
別のディスクにデータベースを毎週末にコピーする。


       


みんなの正解率:  89%  (570人のうち509人が正解)

キーワード:OS


情報セキュリティスペシャリスト H21年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:OS


みんなの正解率:  89%  (570人のうち509人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


OS
【H26年春】 ポリモーフィック型ウイルスの説明として、適切なものはどれか。... 正解率:80%
【H25年春】 NIST の定義によるクラウドコンピューティングのサービスモデルにお... 正解率:71%
【H25年秋】 利用者 PC がボットに感染しているかどうかを hostsファイルで... 正解率:85%
【H25年秋】 ルートキット (rootkit) を説明したものはどれか。... 正解率:87%
【H25年秋】 ディレクトリトラバーサル攻撃はどれか。... 正解率:80%
【H25年秋】 被監査企業が SaaS をサービスを利用契約して業務を実施している場... 正解率:81%


情報セキュリティスペシャリスト H21年春の全キーワードをみる