情報処理技術者試験-NAVI


ネットワークスペシャリスト H23年秋 午前 【問20】

NIDS(ネットワーク型IDS) を導入する目的はどれか。

管理下のネットワーク内への不正侵入の試みを検知し、管理者に通知する。
サーバ上のファイルが改ざんされたかどうかを判定する。
実際にネットワークを介してサイトを攻撃し、不正に侵入できるかどうかを検査する。
ネットワークからの攻撃が防御できないときの損害の大きさを判定する。


       


みんなの正解率:  84%  (100人のうち84人が正解)

キーワード:IDS NIDS 改ざん


ネットワークスペシャリスト H23年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:IDS NIDS 改ざん


みんなの正解率:  84%  (100人のうち84人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


IDS
【H18年秋】 セキュリティ上、脆弱性のあるホストやシステムをあえて公開し、受けた攻... 正解率:85%

NIDS
【H18年秋】 NIDSの目的はどれか。... 正解率:82%

改ざん
【H22年秋】 IPv6 において IPv4 から仕様変更された内容の説明として、適... 正解率:71%
【H18年秋】 レプリケーションが有効な対策となるものはどれか。... 正解率:75%
【H18年秋】 NIDSの目的はどれか。... 正解率:82%
【H18年秋】 テンペスト技術の説明とその対策として、適切なものはどれか。... 正解率:88%
【H18年秋】 SAML (Security Assertion Markup La... 正解率:65%
【H17年秋】 電子メールで用いるディジタル署名に関する記述のうち、適切なものはどれ... 正解率:66%


ネットワークスペシャリスト H23年秋の全キーワードをみる