情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H25年春 午前 【問36】

プロジェクトの参加メンバが、それぞれ1対1で情報の伝達を行う必要がある。
このとき、プロジェクトの参加メンバ数と情報の伝達を行うために必要な経路の数との関係に関する記述として、適切なものはどれか。

参加メンバが1人増えた場合の経路の数の増分は、元の参加メンバが多いほど大きくなる。
参加メンバが1人増えると経路の数は必ず一つ増加する。
参加メンバ数xと経路の数yの関係はy = x!で表される。
参加メンバ数xと経路の数yの関係はy = x2


       




ITパスポート H25年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:


みんなの正解率: 0% (解答者なし)

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ITパスポート H25年春の全キーワードをみる




H25年春 設問一覧
【問37】ホワイトボックステストのテストケース作成に関する記述のうち、適切なも... 67%
【問38】プロジェクトに関する変更項目a〜cのうち、プロジェクト・スコープでの... 100%
【問39】複数のプロジェクト間の調整や各プロジェクトのマネジメントを支援する組...
【問40】システム開発における共通フレームの目的として、適切なものはどれか。... 0%
【問41】システム開発における保守プロセスの目的に関する説明として、次の記述中...
【問42】ソフトウエア詳細設計の結果、ソフトウエア仕様書を作成した。...
【問43】翌年度であるX年4月から開始されるプロジェクトのリスク対応計画を検討... 67%
【問44】作業項目の順序関係や依存関係を表すことができ、プロジェクトのスケジュ... 60%
【問45】事業継続計画(BCP)における情報システムに関するファシリティマネジ... 43%
【問46】ソフトウェアの品質特性を、機能性、使用性、信頼性、移植性などに分類し... 50%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]