情報処理技術者試験-NAVI


ネットワークスペシャリスト H22年秋 午前 【問23】

ノード N1 とノード N2 の間をノードNを介して通信路で結んでデータ伝送網がある。
N1 と N2 の間の構成について A〜C の三つの案を考えた。
ノードは故障しないものとし、各ノード間の通信路が故障する確率は、全て等しく F(0 < F < 1)とする。
三つの案を、稼働率が高い順に並べたものはどれか。

A案B案C案

B案 > A案 > C案
B案 > C案 > A案
C案 > A案 > B案
C案 > B案 > A案


       


みんなの正解率:  73%  (120人のうち88人が正解)

キーワード:稼働率


ネットワークスペシャリスト H22年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:稼働率


みんなの正解率:  73%  (120人のうち88人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


稼働率
【H17年秋】 ある2局間の通信回路のアベイラビリティ (稼働率) は0.9であった... 正解率:67%
【H16年秋】 あるシステムにおいて、MTBF と MTTR がともに 1.5倍にな... 正解率:80%
【H14年秋】 システムの信頼性評価指標に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:54%
【H14年秋】 データマイニングの説明として、適切なものはどれか。... 正解率:91%
【H14年秋】 DBMS を障害発生後に再立上げするとき、前進復帰 (ロールフォワー... 正解率:48%
【H14年秋】 オブジェクト指向でシステムを開発する場合、カプセル化の効果として適切... 正解率:80%


ネットワークスペシャリスト H22年秋の全キーワードをみる