情報処理技術者試験-NAVI


ネットワークスペシャリスト H22年秋 午前 【問2】

図のネットワークで、数字は二つの地点間で同時に使用できる論理回線の多重度を示している。
X 地点から Y 地点までには同時に最大幾つの論理回線を使用することができるか。



8
9
10
11


       


みんなの正解率:  75%  (113人のうち85人が正解)



ネットワークスペシャリスト H22年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:


みんなの正解率:  75%  (113人のうち85人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ネットワークスペシャリスト H22年秋の全キーワードをみる




H22年秋 設問一覧
【問3】高速無線通信で使われている多重化方式で、データ信号を複数のサブキャリ... 80%
【問4】LAN に関する記述のうち、1000BASE-T を説明したものはど... 80%
【問5】無線LAN で使用される搬送波感知多重アクセス/衝突回避方式はどれか... 79%
【問6】FDDI における送信権制御に関する記述として、適切なものはどれか。... 77%
【問7】スイッチングハブによる接続で、複数のポートを束ねて一つの論理ポートと... 88%
【問8】ルーティングプロトコルである BGP-4 の説明として、適切なものは... 80%
【問9】PPP のリンク確立後、チャレンジメッセージを繰り返し送ることができ... 86%
【問10】DNS でのホスト名と IP アドレスの対応付けに関する記述のうち、... 71%
【問11】IPv6 において IPv4 から仕様変更された内容の説明として、適... 71%
【問12】クラス D の IP アドレスを使用するのはどの場合か。... 76%

 




ネットワークスペシャリストの過去年度
H24年秋 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H15年秋 [ 午前問題 ]
H14年秋 [ 午前問題 ]H13年秋 [ 午前問題 ]
H12年秋 [ 午前問題 ]H11年秋 [ 午前問題 ]