情報処理技術者試験-NAVI


ネットワークスペシャリスト H21年秋 午前 【問23】

シンクライアントシステムの利点のうち、適切なものはどれか。

アプリケーションが使用する主記憶のフラグメンテーションが起こりにくいので、応答性が向上する。
サーバ側でアプリケーションやデータを管理するので、セキュリティが強化できる。
システムが利用するネットワーク資源が減るので、通信費を削減できる。
データを保管する費用が減るので、サーバへの投資を削減できる。


       


みんなの正解率:  87%  (79人のうち69人が正解)

キーワード:シンクライアントシステム フラグメンテーション 主記憶


ネットワークスペシャリスト H21年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:シンクライアントシステム
ライアントに外部記憶装置がないシステムでは、サーバを防御することによって、ウイルスなどの脅威にさらされるリスクを低減することができる。
キーワード:シンクライアントシステム フラグメンテーション 主記憶


みんなの正解率:  87%  (79人のうち69人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


フラグメンテーション
【H17年秋】 仮想記憶システムにおいて実記憶の容量が十分でない場合、プログラムの多... 正解率:71%

主記憶
【H16年秋】 メモリインタリーブを説明したものはどれか。... 正解率:62%
【H15年秋】 CPU と主記憶の間に置かれるキャッシュメモリにおいて、主記憶上のあ... 正解率:49%
【H15年秋】 主記憶へのアクセスを1命令当たり平均2回行い、ページフォールトが発生... 正解率:56%
【H15年秋】 クライアントサーバ方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。... 正解率:51%
【H15年秋】 コンピュータの性能評価に用いるベンチマークに関する説明のうち、適切な... 正解率:54%
【H15年秋】 ホストコンピュータとそれを使用するための 2台の端末を接続したシステ... 正解率:47%

シンクライアントシステム

ネットワークスペシャリスト H21年秋の全キーワードをみる