情報処理技術者試験-NAVI


ソフトウェア開発技術者 H19年秋 午前 【問3】 分類:コンピュータ科学基礎

コンピュータで連立一次方程式の解を求めるのに、次に含まれる未知数の個数の3乗に比例する計算時間がかかるとする。
あるコンピュータで100元連立一次方程式の解を求めるのに2秒かかったとすると、その4倍の演算速度をもつコンピュータで1,000元連立一次方程式の解を求めるときの計算時間は何秒か。

5
50
500
5,000


       


みんなの正解率:  69%  (225人のうち155人が正解)

分類:コンピュータ科学基礎


ソフトウェア開発技術者 H19年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:コンピュータ科学基礎


みんなの正解率:  69%  (225人のうち155人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ソフトウェア開発技術者 H19年秋の全キーワードをみる




H19年秋 設問一覧
【問4】相関係数に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 72%
【問5】全体集合 S 内に部分集合 A と B があるとき、... 60%
【問7】コンピュータの主記憶の誤り制御などに採用されている方式のうち、1ビッ... 84%
【問9】A、B、Cの順序で入力されるデータがある。... 59%
【問10】次の手順はシェルソートによる整列を示している。... 61%
【問11】探索表の3種類の構成法を例とともに a 〜 c に示す。... 72%
【問12】自然数をキーとするデータを、ハッシュ表を用いて管理する。... 76%
【問14】再帰的に定義された手続 proc で、proc(5) を実行したとき... 71%
【問16】現在の商用超並列コンピュータの多くが採用しているマルチプロセッサの処... 62%
【問17】コンピュータの命令実行順序として、適切なものはどれか。... 60%

 




ソフトウェア開発技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]