情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H21年春 午前 【問64】

定性的な評価項目を定量化する方法としてスコアリングモデルがある。
4 段階評価のスコアリングモデルを用いると、表に示した項目から評価されるシステム全体の目標達成度は何%となるか。

評価項目重み判定内容
省力化効果5予定どおりの効果があった
期間の短縮8従来と変わらない
情報の統合化2部分的には改善された

4 段階評価点 3:予定どおり 2:ほぼ予定どおり 1:部分改善 0:変わらず

27
36
43
52


       


みんなの正解率:  48%  (154人のうち74人が正解)

キーワード:スコアリングモデル


基本情報技術者 H21年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:スコアリングモデル


みんなの正解率:  48%  (154人のうち74人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


基本情報技術者 H21年春の全キーワードをみる




H21年春 設問一覧
【問65】共通フレーム 2007 によれば、システム化計画を立案するときに考慮... 59%
【問66】共通フレーム 2007 によれば、企画プロセスの目的はどれか。... 64%
【問67】契約タイプで一括請負契約に属するものはどれか。... 48%
【問68】企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。... 54%
【問69】競争戦略において、ニッチ戦略の特徴はどれか。... 75%
【問70】プロダクトライフサイクルにおける成長期の特徴はどれか。... 71%
【問71】TLO (Technology Licensing Organiza... 50%
【問72】ディジタルディバイドを説明したものはどれか。... 9%
【問73】デビットカードの決済方式はどれか。... 62%
【問74】組込みシステムの用途として、適切でないものはどれか。... 56%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]