情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H28年春 午前 【問75】 分類:企業活動

リーダに求められる機能としてPM理論がある。
P機能(Performance function)が大きく、M機能(Maintenance function)が小さいリーダのタイプはどれか。

業務遂行能力が不足し、メンバの気持ちにも疎いので、目標達成ができない。
メンバの気持ちは大事にしているが、一向に目標達成に導けない。
メンバの参加を促し、目標達成に導くので、決定事項に対するメンバの納得度が高い。
目標達成を急ぐ余り、一部のメンバの意見を中心にまとめてしまうので、他のメンバから抵抗を受けることが多い。


       


分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 企業活動


応用情報技術者 H28年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 企業活動


みんなの正解率: 0% (解答者なし)

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H28年春の全キーワードをみる




H28年春 設問一覧
【問76】内閣府によって取りまとめられた"仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バ...
【問77】損益計算資料から求められる損益分岐点売上高は、何百万円か。...
【問78】A社では、社員のソーシャルメディア利用に関し、業務利用だけでなく、私...
【問79】個人情報保護法で保護される個人情報の条件はどれか。...
【問80】ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象となるもの... 100%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]