情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H23年秋 午前 【問67】

現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であり、専門的知識や経験を有する複数の人にアンケート調査を行い、その結果を互いに参照した上で調査を繰り返して、集団としての意見を収束させる手法はどれか。

因果関係分析法
クロスセクション法
時系列回帰分析法
デルファイ法


       


みんなの正解率:  68%  (110人のうち75人が正解)

キーワード:クロスセクション法 デルファイ法 回帰分析法 因果関係分析法 時系列回帰分析法


応用情報技術者 H23年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:デルファイ法
現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であり、専門的知識や経験を有する複数の人にアンケート調査を行い、その結果を互いに参照した上で調査を繰り返して、集団としての意見を収束させる手法。
キーワード:クロスセクション法 デルファイ法 回帰分析法 因果関係分析法 時系列回帰分析法


みんなの正解率:  68%  (110人のうち75人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


クロスセクション法
【H27年秋】 現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であ... 正解率:86%

デルファイ法
【H27年秋】 現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であ... 正解率:86%
【H22年秋】 観測データを類似性によって集団や群に分類し、その特徴となる要因を分析... 正解率:52%
【H21年秋】 デルファイ法を説明したものはどれか。... 正解率:68%

回帰分析法
【H24年春】 "1 次式で表現される制約条件の下にある資源を、どのように配分したら... 正解率:41%

因果関係分析法
【H27年秋】 現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であ... 正解率:86%

時系列回帰分析法
【H27年秋】 現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であ... 正解率:86%


応用情報技術者 H23年秋の全キーワードをみる




H23年秋 設問一覧
【問68】コストプラス価格決定法を説明したものはどれか。... 78%
【問69】情報システム投資の効果をモニタリングする指標のうち、バランススコアカ... 33%
【問70】“技術のSカーブ”の説明として、適切なものはどれか。... 68%
【問71】インターネットを利用した企業間取引において、取引データをそのまま起票... 71%
【問72】RFIDを説明したものはどれか。... 64%
【問73】電機メーカのA社は、GPLが適用されたオープンソースソフトウェアの一... 53%
【問74】抜取り検査において、ある不良率のロットがどれだけの確率で合格するかを... 60%
【問75】経営会議で来期の景気動向を議論したところ、景気は悪化する、横ばいであ... 63%
【問76】運転資金に影響を及ぼす記述のうち、資金繰りに良い効果を与えるものはど... 23%
【問77】表の条件で喫茶店を開業したい。月 10 万円の利益を出すためには、1... 71%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]