情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H23年秋 午前 【問53】

必要とされる技術力を持っていない要員が複数して、プロジェクトの遂行に支障を来すおそれがあるときの教育方法として、最も適切なものはどれか。

技術力の低い要員のレベルに合わせた集合研修を全員に受講させる。
個々の技術力に応じて、受講させる集合研修や OJT の内容を変えて教育する。
集合研修は開催日時が決まっているので、各要員の時間的余裕の度合いを判断基準にして誰を受講させるかを決める。
プロジェクトの遂行を優先させ、プロジェクト完了後にスキルを再評価した上で教育する。


       


みんなの正解率:  82%  (119人のうち97人が正解)

キーワード:OJT


応用情報技術者 H23年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:OJT


みんなの正解率:  82%  (119人のうち97人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H23年秋の全キーワードをみる




H23年秋 設問一覧
【問54】SLA を策定する際の方針のうち、適切なものはどれか。... 78%
【問55】IT サービスマネジメントの変更管理プロセスにおける変更要求の扱いの... 79%
【問56】TCO の説明として、適切なものはどれか。... 73%
【問57】ソフトウェアの資産管理に対する監査のチェックポイントとして、適切なも... 79%
【問58】ドキュメント管理において、稼働しているシステムの仕様とドキュメントの... 78%
【問59】販売管理システムにおいて、起票された受注伝票が漏れなく、重複すること... 67%
【問60】情報化投資計画において、投資価値の評価指標である ROI を説明した... 77%
【問61】エンタープライズアーキテクチャに関する図中の a に当てはまるものは... 64%
【問62】情報戦略における全体最適化計画策定の段階で、業務モデルを定義する目的... 66%
【問63】ビジネスプロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザインし直すことによっ... 61%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]