情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H21年秋 午前 【問56】

システムの移行方式のうち、パイロット移行方式について説明したものはどれか。

機能的に閉じたサブシステム単位に、短期間で順次移行していくので、運用部門の負荷が少なく、問題が発生しても当該サブシステム内に抑えることができる。
限定した部門で新システムを導入・観察した後にほかの全部門を移行するので、移行に関する問題が発生しても影響範囲を局所化できる。
新・旧両システム分のリソースを用意し、並行稼動させるので、新システムで問題が発生しても業務への影響を最小にできる。
ほかの移行方式に比べると移行期間は短くできるが、事前に全部門との間で詳細な計画を立てるとともに、新システムに高い信頼性が要求される。


       


みんなの正解率:  63%  (407人のうち258人が正解)

キーワード:パイロット移行方式


応用情報技術者 H21年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:パイロット移行方式


みんなの正解率:  63%  (407人のうち258人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H21年秋の全キーワードをみる




H21年秋 設問一覧
【問57】ITIL において、問題管理でエラーの根本原因を識別した後に RFC... 60%
【問58】システム運用業務 (オペレーション) に関するシステム監査証跡はどれ... 68%
【問59】システム監査人が行った監査業務の実施記録であり、監査意見表明の根拠と... 55%
【問60】営業債権管理業務に関する内部統制のうち、適切なものはどれか。... 72%
【問61】エンタープライズアーキテクチャを構成するアプリケーションアーキテクチ... 52%
【問62】エンタープライズアーキテクチャを構成する四つの体系のうち、ビジネスア... 73%
【問63】情報戦略の立案時に、必ず整合性をとるべき対象はどれか。... 74%
【問64】"システム管理基準"によれば、組織全体の情報システムのあるべき姿を明... 66%
【問65】ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用、保守のプロ... 60%
【問66】CSR の説明として、適切なものはどれか。... 71%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]